熱処理



熱処理 → 赤めて(火加減)、冷やす(湯加減)技術。
目的    → 鋼の性質改善、逆に熱処理しなければ鋼も役立たず。
重要度 → 加熱2割:冷却8割 (冷却技術とも言える)

金属は熱処理でその内面の性質が千変万化し、熱処理のテックニックによってそれぞれ違った目的に使用できる。

熱処理の種類 (繁多)
熱処理の歴史